安静吸気

安静吸気は「外肋間筋・横隔膜」の働きによって行われる。深吸気では「胸鎖乳突筋・僧帽筋・肩甲挙筋」が補助吸気筋として胸郭をより挙上させるように働く

気管の長さ→約10センチ

右3葉、左2葉

肺区分は約20

肺胞で取り込まれた酸素は肺静脈で運び出される

肋骨

12対、上方の7対は胸骨と連結している。肋間神経は12対あるが肋間筋を支配するのはこのうち11対である。最下部の1対は肋下神経支配

呼気筋

腹直筋、内肋間筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋

※安静呼吸では呼気筋は活動しない

吸気筋

外肋間筋、胸鎖乳突筋、大胸筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、横隔膜

※吸気発声では仮声帯は外転する

声帯の位置

正常発声  → 正中位

安静呼吸時 → 中間位

最大呼吸時 → 外転位

※声帯縁→重層扁平上皮

話声位

成人男性120Hz

成人女性240Hz

※加齢と共に女性では声の高さが低下し男性では上昇する

肺機能検査

成人の平均値

呼吸数→15回~17回/分

1回換気量→500ml

肺活量→男:3000~4000 女:2000~3000

​※残気量はスパイロメーターで測定できない

© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon