三叉神経

主に感覚神経であり、感覚・運動神経の混合の働きを持つのは第三枝のみである。顔面の表在感覚は三叉神経によって支配される。三叉神経は橋の外側から出て三叉神経節を経て3本に分枝する最大の脳神経である

※主な機能→「咀嚼筋の運動」「深部感覚」「触覚」「温痛覚」

顔面神経

主に顔面の表情筋などの運動を司る。また他に味覚や涙、唾液の分泌などの機能をあわせ持つ混合神経である。顔面神経は内耳道内を走行する

※主な機能→「表情筋の運動」「アブミ骨筋反射」「舌の前2/3の味覚」「外耳道、鼓膜などの温痛覚」「涙、鼻汁、唾液の分泌」

反回神経

迷走神経の分枝で右反回神経は鎖骨下動脈の位置で迷走神経から分岐し左反回神経は大動脈の位置で分岐する

※反回神経マヒに関係するもの

外傷→「甲状腺・食道、肺の手術・気管内挿管による損傷」

腫瘍→「甲状腺がん・食道がん・肺がん・頸部静脈孔腫瘍」

鰓弓

第1鰓弓→下顎弓ー三叉神経

第2鰓弓→舌骨弓ー顔面神経

第3鰓弓→舌咽神経

第4鰓弓→迷走神経

第5鰓弓→副神経

※鰓弓が出来るのは胎生第4週

上喉頭神経

外枝→輪状甲状筋

内枝→喉頭粘膜の知覚

自律神経(交感神経・副交感神経)

        交感神経      副交感神経

瞳孔      拡大(散大)     縮小

唾液腺     少量の濃い液分泌  大量の薄い液分泌

末梢血管    収縮        拡張 

気道      拡張        収縮

血圧      上昇        下降

心拍      促進        緩徐

肝臓      血糖上昇      血糖低下

消化液分泌   減少        増加

消化管運動   抑制        促進

皮膚(立毛筋)  収縮         ー

汗腺      分泌活動増加     ー

膀胱      弛緩        収縮

交感神経ーノルアドレナリン

胸髄~腰髄→「胸腰系」

副交感神経ーアセチルコリン

動眼神経、顔面神経、舌咽神経、迷走神経、骨盤内臓神経(仙髄)→「頭仙系」

© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon