嚥下・疾患別

中咽頭がん

アルコール多飲、喫煙との関連が指摘されている。口腔がん、食道がんとの重複がんが多い。術後は咽頭の機能低下が生じやすい

舌亜全摘

機能と形態の維持、回復を目的に組織移植による再建手術を行う

「腹直筋皮弁、大胸筋皮弁、前外側大腿皮弁、前腕皮弁」→再建に用いられる

球麻痺

舌の萎縮や舌の繊維束攣縮、咽頭反射の減弱、輪状咽頭筋の弛緩不全などが生じ顕著な嚥下障害、構音障害、咀嚼障害をきたす

食道がん

食道の切除後の再建では胃、空腸(小腸)、結腸が利用される

ワレンベルグ症候群

椎骨動脈または後下小脳動脈の梗塞によって引き起こされる。下位脳神経マヒ(9、10、11)、嚥下困難、構音障害、嗄声、小脳失調、Horner症状、回転性めまい

顔面半側および対側の上下肢、体幹温痛覚異常(解離性感覚障害)

舌・中咽頭癌の術後の構音機能

舌根部の切除はオトガイ筋や茎突舌筋への影響が大きい、再建したとしても構音への影響は大きい

舌亜全摘以上では再建の有無によらず明瞭度への影響は大きい

中咽頭の広汎な切除の場合(舌根部、軟口蓋におよぶ切除)では軟口蓋音(k,g)が影響をうける

喉頭摘出術の後遺症

便秘、嗅覚障害、音声喪失、喀痰増加

© 2023 のあ不動産。Wix.comを使って作成されました

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon